高校生の時脱毛サロンに通いたくてもお金がないので自分で永久脱毛の機械を買いました。しかし役に立ちませんでした。

皮膚科での永久脱毛体験
皮膚科での永久脱毛体験

自分で永久脱毛の機械を買ったはよかったが役に立ちませんでした

わたしが中学生の頃は脱毛サロンに通っている人は誰もいませんでした。高校時代もほとんど通っている人がいませんでした。なんといっても田舎でしたので、一番近くの脱毛サロンまで行くのに電車で1時間ほどかかりましたし、お金がかかるという印象が強かったので、貧乏な家庭に生まれたわたしには行けない場所でした。中学時代の友達が高校に入って脱毛サロンに行っているという噂を聞いた時はびっくりしました。彼女は水泳部だったので、脱毛サロンに行ってワキをキレイにしてもらっていたのですが、やはりお金持ちだったんだなと思ったものです。

ですから、普通の中学生、高校生は家で自分で脱毛処理をしていたはずです。シェーバーや脱毛クリームなどです。わたしが高校生の時、永久脱毛に憧れて、でも脱毛サロンは高いので、通販で永久脱毛の機械を自分で購入しました。これで永久に毛とさらばと思って使ってみると、すごく痛くて、何度トライしても無駄でした。結局その永久脱毛の機械は一本も毛が抜けずに捨ててしまいました。やっぱりお金を貯めて脱毛サロンに行かなきゃだめだと思いました。

PICK UP!その他の記事

注目情報