シェービングによる自己処理で埋もれ毛ができているため、改善に脱毛も視野に入れているといった内容です。

皮膚科での永久脱毛体験
皮膚科での永久脱毛体験

埋もれ毛の対処の仕方と脱毛効果

ムダ毛をカミソリなどでシェービングしていくと、いつの間にか埋もれ毛ができていることがあります。埋もれ毛の原因は、毛抜きやカミソリ処理などによる、肌に負担がかかる自己処理が引き金となります。こういった肌へ負担のかかる処理は、皮膚表面に細かな傷を付けることになり、炎症を起こした状態になります。表面の細胞は覆うように塞がれ、結果、皮膚の下で毛が成長してしまうのです。埋もれ毛は放っておけば、いつの間にか吸収されて消滅もありえますが、脱毛など、改善していくのが建設的な考え方と言えるでしょう。

ムダ毛の自己処理が大きな原因のため、まずは負担のかかる処理を見直すことです。皮膚にあまり弾力がない部分で、女性も処理する機会の多い、脇やVラインはまさにターゲット部位です。どうしても気になる埋もれ毛には、お風呂上がりの柔らかな肌に、ガーゼ等でソフトにこする方法もあります。根本的に改善するには、脱毛するのが一番の解決策です。そもそも脱毛していけば、シェービングの頻度は減るため、肌への負担も減るのです。

PICK UP!その他の記事

注目情報